歯周病で歯を失わないためにできることは歯科での治療

歯茎からの出血歯周病かも?

歯茎をごしごし強く磨くと、血が出ることもあります。しかし、優しく磨いても血が出る場合は歯周病の危険性があります。

歯肉炎と歯周炎の違い

軽度の場合は歯肉炎

ブラッシングをした時に、少し血が出るのは歯肉炎の代表的な症状です。歯茎に少し腫れがみられますが、歯科で適切な治療を受けると、次第に収まってきます。ただ、それを無視すると歯肉炎はどんどん進行します。

歯周炎は重度

歯肉炎が進行すると、歯周炎になり歯茎が腫れるだけでなく大量の出血を伴います。下水道のようなきつい臭いを発生させるでしょう。歯周ポケットの境目が深い場合は、骨が溶けている証拠です。

歯周病で歯を失わないためにできることは歯科での治療

婦人

歯周病の進行を遅らせるための治療

溶けた歯は、二度と回復しないため歯周病の症状が出ているうちに吹田の歯科でブラッシング指導や、レーザー治療で進行を止めることが重要です。また、歯科で歯石除去をすれば症状も収まり少しずつ健康的な歯茎に戻ります。しかし、自己ケアができていないと、再び症状が現れます。

男の人

歯ブラシを変えてみる

歯周病予防に最適なのは、ブラッシングをすることです。さらに、適切な歯ブラシを選んでケアをするといいでしょう。ヘッドが小さく、柔らかめの歯ブラシだと歯茎を気づ付けずに磨けますよ。特に就寝前は念入りに磨きましょう。

歯型

生活習慣の見直しも重要

歯科で習ったブラッシング法や治療だけではなく、不規則な生活を見直したり、お菓子や甘いジュースを控えたりなどはした方がいいでしょう。夜寝る前に甘いお菓子を食べる人は、歯周病が進行しやすいというデータも出ています。

残っている歯が多いほどいい

歯を失う確率が高い歯周病ですが、適切なケアをすれば大事な歯を失わずに済みます。そして歯を多く残すことで認知症のリスクが下がります。歯は健康へ深く関わってくるため、歯科の定期健診はしっかりと受けるようにしましょう。