審美歯科で出来る治療とは?治療にかかる費用も知りたい

どっちで治療をすべき?

一般歯科で受けられる治療でも問題はないですが、もっといい治療を受けるなら審美歯科も気になりますよね。自費と一般歯科、はたしてどちらがいいのか?下記で比較しました。

自費?それとも保険内治療?比較でわかる特徴

平等に治療を受けられるのが保険診療

安くお得に治療をするために生まれたのが保険診療ですが、歯科治療に使う材料は限られるため質を求めるのは限界があります。ただし、保険診療でも、適切な治療を受けられるので保険治療が悪いとは言えません。

再治療を防げるのが自費治療

保険適用よりも、レベルの高い治療が受けられる点は自費治療の大きなメリットです。影では、贅沢な治療と言われますが、かみ合わせや歯の強度を踏まえた上で治療を行なうため、再治療を防ぐ効果があります。保険だと手段が限られてきますし、自由度も低いです。そういう点では、自費治療の方がいい場合もあります。

審美歯科で出来る治療とは?治療にかかる費用も知りたい

口元

自費治療でできること

歯医者の自費治療といえば、審美歯科です。照島にも、一般歯科と共に行っている歯医者があるでしょう。審美歯科の目的は、歯の見た目を整えて且つ、機能性を高めることです。矯正歯科も審美歯科に入るでしょう。銀歯をセラミックのかぶせ物にして、天然歯と同じ見た目へ近づけることができます。ヤニや黄ばみは、ホワイトニングで簡単に落ちますよ。

費用について

ホワイトニングの場合、2万円~5万円が相場となり、セラミックの治療は高いと20万円いきます。矯正歯科は上下治療をすると、200万円近くかかり保険診療との金額差に驚きを隠せません。自費治療なので、満足できない仕上がりにされた場合歯科医院側とトラブルになる可能性もあります。昭島の審美歯科治療も保険適用外なので、よく考えて治療をしましょう。

人工の歯を入れる時に注目するところ

基本的に、審美歯科の治療は歯の型取りをした後、人口歯をセメントでくっつけて完了します。ただ、一度つけるとかみ合わせの調整やデザイン直しがしにくくなるため作製前に、仮歯で見た目や機能をチェックするといいでしょう。また、仕上がった人口歯も、すぐ付けるのではなく、接着力の弱いセメントで様子を見れば、治療に失敗しません。

ドクター選びは慎重に

審美歯科は、技術がいる高度な治療法なので医師の腕によって仕上がりが違います。理想の審美歯科は、審美歯科が過去の資料と制作物で説明してくれること、通院中のトラブルへ対応できることです。

費用計画をしよう

一般歯科とは違う、質のいい治療が受けられる点は審美歯科の大きな強みです。しかし一番のネックは治療費が高くなってしまうことなので、費用計画はしっかり立てるようにしてくださいね。